かながわ健康長寿ナビサイト

文字サイズ

健康寿命延伸とお口の健康

お口の健康を維持することはとても大切です。お口の機能には噛むこと、飲み込むこと、唾液を出すことの3つがあり、これを維持することが大切です。

噛むこと・食べ方・摂食嚥下

よく噛むことを心がけましょう噛むことの効用は よくかむことは、私たちが生きていくうえで、多くの効用をもたらしてくれます。歯の病気を防ぎ、口臭を少なくします元気が湧き、ストレス解消につながります。味覚の発達を促します胃腸の働きを促進します脳の働きを活発にしますがんを防ぎます言葉の発音がきれいになり、顔の表情も豊かになります肥満を防ぎ、生活習慣病を予防します入れ歯にも大切な役目があります たとえ歯を喪失しても、きちんと合った入れ歯を入れることで、しっかりとかむことができ、同様の効用を得ることができます。
よい食べ方でよい食べ物を一口30回を目安に噛もう ハンバーガーなどのファーストフードをあまりかまないで、清涼飲料水で流し込んで食べていませんでしょうか。歯ごたえのある食物をしっかりかむ習慣をつけることが大切です。野菜を多くとろう 悪玉とよばれる活性酸素は、体の中にはびこり、老化を早めてしまいますが、野菜を多くとることにより、これと闘ってくれる抗酸化酵素を活性化してくれます。緑茶をよく飲もう 緑茶には抗酸化作用があるだけでなく、フッ化物を含み、殺菌作用もあるので、むし歯や歯周病の予防にも効果があります。

かながわ健口体操

口腔機能の維持・向上のために実践してみましょう!

唾液パワー・お口の機能維持

だ液のパワーを生かそうだ液のパワーを生かそう だ液はお口だけでなく、全身の健康にも重要な役割をはたしています。だ液をいっぱい出しましょう。だ液の働き:虫歯になりにくい、体内への細菌侵入をブロック!、口腔内を守ります、老化を抑える作用、消化を助ける、飲み込む時の潤滑剤、美味しいと感じる、活性酸素を減少ストレスをうまく解消しよう 仕事上のトラブルや人間関係で精神的ストレスがたまると、自律神経が乱れてだ液が減少し、お口の健康に悪影響を与えます。自分で気分転換できるいい方法をみつけ、人生を楽しむことでお口の健康を再びアップすることができます。

歯周病(歯の健康)

歯周病(歯周病は全身の健康に影響します)歯周病菌が全身に→炎症などが起きる誤嚥性肺炎・心臓病・脂肪肝炎糖尿病、早産・低体重児出産、骨粗鬆症

実践情報


かながわ健康長寿ナビサイト

ページトップ

神奈川県保健福祉局 保健医療部 健康増進課
〒231-8588 神奈川県横浜市中区日本大通1
TEL 045-210-4746 FAX 045-210-8857

Copyright © Kanagawa Prefectural Government. All rights reserved.